ニコ生とかで古くからぼくのことを知ってる人からは、ぼくが年中家に居てると思われてるんですが、そうじゃないんですよね。
大体日中は外に出ていろんなことをしています。
で、去年残念ながら20代が終了してしまったわけなんですよ。


20代をやり直したいって思わない?って聞かれたから
外の人にそう聞かれたので、きっぱり「やりなおしたくない」と答えたんですよね。
強がってるんじゃなくて、本当にやりなおしたいって思わない。
ぼくの20代は、バンドをしながらマック店員、バンドを辞めてコンビニ社畜、コンビニ社畜辞めて、京橋某所に行きながらまたバンド、そしてライターへ。
20代の頃の自分を書くとたったこれだけで収まってしまう。
ただ、振り返ってみればどの年も全力で駆け抜けてきたなと、そして楽しかった。
「こっちから見たらゴミみたいな2~3年もあった」と、ぼくと一緒に音楽をやってる人からは言われたりもするけど、それでもおもろかったと自分では思ってるんですよね。(確かに無意味な2~3年はあったけど)
常に全力だったからこそ、同じことはしたくない。というかしんどくてできないんですよね。
(京橋で年中寝てたやろ!とかのツッコミはナシで)

今、20代の人へ
悔いのない20代にしてください。と、だけ。
で、 どうやったら悔いのない20代にするのかっていうことですよね。
多分20代って大学出た人は就職する人がほとんどだと思うんですよ。
お金の面については、働くなとは言わないけど、したくない仕事ならするなよと。
毎日「仕事行きたくないなー」って思いながら行くくらいなら辞めてしまっていいと思うんですよ。
仕事なんていくらでもあるし、お金の稼ぎ方が多様化している今は『会社』なんかにしがみつく必要なんてないわけですよ。
ぼくが唯一楽しくなかったのはコンビニ社畜時代で、それは半年で終わらせたけど、仕事を辞めるのなんて本当に簡単でしたよ。
行きたくない会社なのに辞めれない人っていうのは、会社で勤めるまでのプロセスがあって、いろいろ苦労したから辞めれないんじゃないのかなって。
そりゃ大学まで入って、就活して卒業したら就職っていうプロセスがあればそう簡単に辞める決断を自分に下せないと思うんですよね。親のことやお金のこともあるやろうし。
でも、早いうちに決断せず、行きたくないなりにダラダラ何年も勤めてしまうと「せっかく○年勤めたのに」って、出ましたのに族になってしまって、結局残念な20代を過ごしてしまうと思うんですよね。
お金については、意外となんとかなるもんなんですよ。本当に。


楽しむことについて書くとすれば、好きなことを全力でやればいいと思うんですよ。
アニメを見るのが好きな人は、いっしゅくアニメ見とけばいいし、ゲームが好きな人もいっしゅくゲームしてればいいし、読書が好きな人は図書館と本屋へ毎日行けばいいし、それが何かのきっかけでつまらくなったり飽きたりするかもしれないけど、おもしろいと思ううちは飽きたりするまでめり込んだ方がいいし、そうした方が後悔しないですよ。
飽きた時に一番ダメなのは「あんなにのめり込んだのに」って思っちゃうこと。
そんな気分でダラダラ続けるのは嫌な仕事を続けるのと一緒ですからね。
飽きた時に「もっとおもしろいことを探そう」と行動することが大事なわけですよ。
ただ、これってすっごい体力を使うんですよね。新しいことをする為に調べたり行動するわけですから。
でも、これができれば20代が終わった時に「おもしろかったな」 って思えるはずですよ。 

疲れてきたので、言いたいことはとりあえず以上です。