どうも、ゆう804という名前でニコ生でゲーム配信とかをしたりしている者です。
最近、親知らずを抜いてみました。というか抜かれました。
まっすぐ生えている親知らずは抜いた後もそこまで痛くなかったけど、横向きに生えちゃってる親知らずって抜いた後は地獄なんですよね。
今回は、横向きの親知らずを抜く前と抜いた後の過ごし方をお話していきます。
これから親知らずを抜くっていう方の参考になれば幸いです。
親知らずを抜く前に休暇を取ること
まっすぐ生えている親知らずの場合、特に身構える必要はないと思います。2~3日腫れて痛いくらいです。
横向きに生えている親知らずの場合、いろいろ準備が必要です。
相当な痛みに耐える必要がある為、社会人の方は仕事を休むことを考えましょう。

・その辺の社畜様

→人と話すことが辛いくらい口が痛いです。1週間くらい有給を取りましょう。取れないなら仕事をやめましょう。 

・土建屋
→機械の振動で痛みがやってきます。休みましょう。

・コールセンターのバイト 
→抜いた後は痛みで喋れません。仕事になりません。有給が取れる職場なら取りましょう。無理なら辞めるか欠勤しましょう。

・ 飲食店の方
→ホールで人と喋らないといけないのなら、休みましょう。口が痛くて仕事になりません。厨房で黙々と仕事できるなら出勤してもいいと思います。ただ、ニオイで口がしみて痛いと思います。 

・フリーランスの方
→仕事をしないと死ぬので、痛みに耐えて休まず仕事をしましょう。LINEで済む連絡は、LINEで。通話とかは極力避けましょう。 

最後の晩餐のつもりで
親知らずを抜いた後は、好きなものを食べることが難しいです。というか食欲すら失せてしまいます。
親知らずを抜く前日は、朝、昼、夜、好きなものを好きなだけ食べましょう。
ただし、親知らずを抜いた初日は歯磨きすることができないので、次の日にニオイが残るニンニク料理等は控えるようにした方がいいです。ちなみにぼくは、ラーメンを食べました。
Cv3Gld6VMAEKZ2d
喫煙者の方は、傷の治りが遅くなるという理由からしばらくタバコが吸えません。思う存分吸っておきましょう。 
同じ理由でお酒も飲むことができません。思う存分お酒を飲みましょう。
そう考えると親知らずを抜く前日にも有給を取るのもありかもしれませんね。

前日のまとめ
今まで当たり前におしゃべりができたのに、声帯を振動させるだけで痛みがやってきます。
今まで当たり前に食べたいものが食べれたのに痛みで食べれなくなります。
今まで当たり前に口を開けれたのに、痛みで開けれなくなります。
痛みは、初日より2日目、2日目より3日目と、日増しに酷くなってきます。なるべく自宅で安静できる準備が重要になってきます。1週間くらい自宅に引きこもってもいいと思います。