親知らずを抜くということ。番外編

もう終わったと思ってたんですよ。
親知らずを抜いたあとの腫れも痛みもひいて、食生活も元に戻って。
そしたらね、ある日ご飯を食べた後、親知らずを抜いたとこに異物感があったわけですよ。
なんかが詰まってるのかなって、つまようじでほじほじしても取れる気配がなくって、指で触ると固いものがあったんですよね。



自宅に帰って、親知らずを抜いた部分の突起物を鏡で見たんですよ。
そしたら白いものが飛び出していたわけです。
「骨っぽい」
すぐにそう思いました。
「骨っぽい」「触ったら痛いっぽいぽいぽいぽーい」 
yudati

とりあえず、ググりますよね。
「親知らず 突起物」って。
ググってみたら、「骨が飛び出てるだけなので、通常は勝手に吸収されます」
ですって。
それでも不安だったので、歯医者で見てもらうことにしました。

歯医者で見てもらったら
「これ骨が出てますね。ただ、出過ぎなので丸めますね
丸める?どういうこと?「えんこつめるぞ!」なみに意味がわかりませんでしたね。

そっから麻酔をされて、ガリガリしよるわけですよ。
結局、飛び出た部分は削って小さくなりました。ここからは自然に治るっぽいです。

とりあえずね、わかったことはググっても不安だったらちゃんと見てもらえってことです。
これにて親知らずについてのお話は本当に終わろうと思います。ノシ

親知らずを抜くということ。最終回4~7日目(喋れない)

いよいよ大詰めです。痛みはピークに。腫れもピークに。

喋れなくなるよ
4日目くらいになると、見た目の腫れはほとんど治まっているはず。でも、これまで以上に喋れないんですよ。痛みで。
喋る度に痛いとか、意味わからんでしょ。だから0日目編でお話したように、お仕事は前もって休まないといけないわけです。 
喋るだけで痛いので、食事はもちろんプリンです。プリンだけ。この辺りから飲み物は水からお茶にグレードアップします。炭酸類はまだダメです。痛い時に飲んでないけど、おそらく炭酸類を飲んだらシュワシュワが続いている間は痛みも続くと予想されます。やめときましょう。

物語はクライマックスへ
7日目以降はおそらく痛みもマシになって、ミギーもどんどん小さくなっているはず。(ミギーについては前回の記事で。)
食生活も少しずつ戻していきましょう。
ぼくは7日目にラーメンを食べました。でも、チャーシューとかメンマが乗ってない、トッピングがネギだけのラーメンです。それでも涙が出そうなくらい美味しかったのを覚えています。

この記事を書いている時点では2週間が経過しています。ミギーはほぼ消滅しました。
今日、二郎インスパイアを食すまで回復しています。
これにて、親知らずを抜いた後の記録を終わりたいと思います。お疲れ様でした。
 

親知らずを抜くということ。2~3日目(顔面の異変)

親知らずを抜くこと1日目で書きそびれたことをひとつ。
http://fm804.blog.jp/archives/12847942.html

「風邪をひいたみたいになりますんで」
歯医者がそう言うわけですよ。
親知らずを抜いた後って、風邪ひくらしいんです。
 「は?」って当然のリアクション。
例えば、風邪をひいた時にツバを飲み込むと痛いじゃないですか。それと同じ現象が起こると。 

抜歯後に車へ戻って、あまりの疲れからシートを倒してぐったりと横になって、スマホでバイトさんにメールの返信をしてから1時間くらい寝て、起きたときにそれが実感できたわけです。「ツバ飲み込むといてーな」って。
というか、風邪ひいてるときより痛いよって。



2~3日目の過ごし方
ここからが本題。2~3日目もプリンを飲むことしかできないです。水を飲むことしかできないです。
とにかく安静に。これしか言えない。
人によるかもしれないけど、抜歯をしたとこすっげー腫れる。顔が1.2倍くらいのでかさになる。
朝起きて、顔洗おうとして鏡で顔見たらワロタ。

あと、抜歯後の口の中ってすっごい違和感があるんですよね。
歯医者からも言われたけど、絶対舐めないでって。
というか、痛くて舐めることなんかできないです。
でも、どうなってるのか気になったからおそるおそる鏡で見たんですよ。
そしたら、口の中にヤツがいたわけです。
 001
ミギーっすね。
ミギーが患部からうにょーって。
そりゃこんなもんが居たら痛いし、違和感あるし、食べ物も噛めないわけですよ。
万が一間違ってミギーを噛んだらえらいことになりますって。 

で、2~3日目は安静にしていたとしても大丈夫、これからもっと痛くなるから。
スポンサードリンク