ハズレなし!お気に入りのKOTOKOの曲ベスト10くらい

今日も!日付が変わる前に終わりましたよ。ハイ。
今日はですね、ぼくのニコ生でもTwitterでも個人のこのブログでも絶対に書けなかったことを書けたので、ここ数年間ずっとモヤモヤしてイライラしていたことが一気に吐き出せた感じがして、とても機嫌が良いです。

本題ですが、今日はKOTOKOの曲をバーーっと選んでランダムで流し続けていたんですよね。
で、流れていた中からこれは聴いといた方がええぞって曲をダラダラと書いていきます。

第1位 「allegretto-そらときみ-」
areg

個人的にずっと好きな曲ですね。
これを聴くとコンビニ社畜時代を思い出したり思い出さなかったりします。
夏っぽい爽やかな曲です。
「この青空に約束を」のオープニングでしたが、アニメ版は別のオープニングテーマになっていたので、見るのをやめました。

第2位「being」
普通に好き。シャナのことはよくわかんないけど。

第3位「Light My Fire」
うぉーーおお!ってやつ。相変わらずシャナのことはよくわかんない。

第4位「硝子の靡風」(がらすのかぜ)
1位でも良かったくらいの神曲ですね。
2ndアルバムのタイトル曲にもなっています。
若干寂しさのある曲、大切な人がいなくなった時などにどうぞ。

第5位「春色」
春っぽい曲です。
KOTOKOの通ってた専門学校の卒業記念かなんかで制作された「空も飛べたら」っていうアルバムに収録されています。
一時期プレミアム価格みたいなのがついていたけど、日本橋のソフマップで再販されているのを見つけて即買いした記憶があります。高1くらいの時に。

第6位「Shooting Star」
おねがい☆ティーチャーのオープニングテーマですね。
宇宙人の先生と生徒がごにょごにょするお話のやつ。
これだけは言っとく。年上はやめとけ。

第7位「Wing My Way」
元気になる曲だと思います(適当)
曲自体はかなり古いのですが、5年の時を経て2ndアルバム「硝子の靡風」に収録されています。
今日聴いていたのは硝子の靡風の中に入ってたやつなので、オリジナルはYouTubeかどっかにあるんじゃないかな。知らんけど。

第8位 「β-粘土の惑星 」
メロディが好き。

第9位「月夜の舞踏会」 
サビの英語の部分、「mt honey」とか「pirouette」とかの発音が好き。 

第10位「-Loop the Loop-」
ヨーヨーをグルグル回す技の名前っぽいですね。
ヨーヨーを2個使うダブルループは今でも出来ると思います。 

第11位「unsymmetry」
あー、11位に持ってくるには申し訳ないなーって思う程の神曲。
若干寂しさのある曲、大切な人がいなくなった時などにどうぞ。

第12位「Just as time is running out」
じゃすとあずたいむいずらんにんぐあうと。長ったらしい名前ですね。でもええ曲です。
ギリギリなんちゃらとかいうゲームのオープニング曲で、11位の「unsymmetry」は同じゲームのエンディング曲です。

めんどくなってきたのでこの辺で。
KOTOKOについては、ハズレの曲がないんですよね。
他のアーティストに歌詞も提供したりしてるみたいで、たまーにKOTOKOの書いた歌詞を台無しにする作曲家とも言いたくないゴミみたいな作曲家もいますけどね。
誰かは言わないけど。さっさと氏ねばいいのに。 

初めて勝ったホールが潰れました。

だいぶ前に書きかけのものがあったので、今日はもう一本。

読みたい本があったので、本屋へ向かっていたんですよ。
そんで行きしなにあるホールの様子がおかしくって覗いてみたんですね。
おかしいと思ったのはシャッターは閉まっているけど、シャッターの横にある別の扉は開いていて、客が出入りできる状態になってたから。
「絶対になんかあるやろ」と思って見たら完全に閉店する数十分前だったんですね。
 
そのホールは、高○2年になる年に初めて1人で入ったホールで海物語3Rを打ちました。
マクドでバイトをしていた当時、ゆうちょにあったバイト代残り2000円を握りしめて、「お願いしますからしばらくバイトを休ませてください」と祈りながら入り口すぐの角台に座ったのを今でも覚えています。
これがビギナーズラックで2000円が3万円くらいになっちゃったんですよ。
当時のバイトだと1ヶ月ちょこちょこ働いて3万くらいだったので、完全にハマるきっかけとなったんですね。
「金稼ぐのって簡単やん」「好きなことする時間増えるやん」って。
もう次の日には「体調悪いんでしばらくバイト休みまーす!さーせーん!」って言ってパチンコ漬けの日々が始まったわけですよ。

そのホールは当時、俗に言う鉄火場と呼ばれるようなホールで、いつ行ってもほぼ満席。かなりヒリヒリしていたのを覚えています。
自転車で通っていて、自転車をとめる場所すらないくらいの人の多さで、近くの駅前にとめていたんですよね。

結果的には1年ちょっとバイトを休んで、またマックのバイトを再開したんですよね。
理由はちょっとパチンコに疲れたから。

で、閉店前の店をウロウロしてたら店員さんが「もう閉まりますよ」 って声をかけてきたんで「いや、ぼく14年くらい前に初めてこのホールで海を打ったんです。すごく思い出があるので、最後にひと目見ておきたいと思って」と話したら、「9時には閉めるのでそれまでゆっくりどうぞ」って。
相変わらず羽のハカマ釘もめちゃくちゃやなーとかいろんなことを思いながら、最後のシャッターが閉まる瞬間まで見届けましたよ。 

パチンコ・スロットを打たなくなったにしても、思い出があるホールが閉まるのって若干寂しいものがありますよね。 

パチスロを打つのがバカらしくなった理由

昼過ぎまで寝てしまってたんですよね。「やっべ寝過ぎた!」と思って慌ててメールチェックやらなんやら済ませて、わちゃわちゃしてる間に今日もなんとか日付が変わる前にやることを終えてた感じですね。

で、今日はパチスロを打つのがバカらしくなった話についてですね。
ただ、パチンコ・パチスロは、文章を書いてお金を得れるようになったきっかけもあって、バカらしくなったっていう表現は失礼なので、打つ気にならなくなったに訂正しておきます。
あ、でもぼくはパチンコ・パチスロライターではないです。 
もともと、某パチンコ情報サイトに自身の立ち回りを投稿していたことが始まりで、そっから声がかかるようになったのがライターとして活動をはじめたきっかけなわけです。

でね、吉宗や北斗が稼働していた時って、ちょっと時間があれば打つくらいの依存症に近い状況だったわけなんですよ。(2005年かそこら)短時間で何万円ってお金が入るくらいの世の中でしたから。
それが5号機になってからですよ。時間効率の悪さったらないわけですよ。
1日打って数万円。これってハッキリ言って時間の無駄でしかなかったんですよね。
それでも打ち続けていた理由はビッグ中に流れる歌が良かったから。
番長だとDistanceとかめっちゃ良いじゃないですか。5号機になったらバトルリーガーXのジェットチャンス中にBIGを引いた時に流れるShineとかは未だに聞いてるレベルですよ。
歌が良いから打つっていうのは本来の目的と違うわけなんですよね。
ぼくがパチンコ・パチスロを打つようになったきっかけは「短時間でアルバイトよりお金になるから」っていうところなんで、その軸からブレた時点で打つ理由がなくなったわけなんですよ。
それでも2015年くらいまでは、なんやかんや打ってましたよ。さすがに負けが続いたけど。
マクロスFも好きだったし、ホールでMay'nの曲が聞けるとか最高じゃないですか。
で、お金を稼ぐのであれば、普通に働いた方がマシって結論に辿りついてめっきり打つ機会が減ったんですよね。
後は、1機種を極めたところで次の機種がすぐに登場してしまうっていうのも理由のひとつですね。
5号機で唯一まともに勉強して打ったのは新鬼武者と初代エウレカくらいで、長いことホールに置いてくれていたのはありがたかったです。

以前にもお話をした通り、お金の稼ぎ方っていうのは多様化しています。
パチンコ・パチスロを打って数時間でウン万円がなくなるくらいなら、そのお金と時間を他のことに使った方がよっぱどお金になります。精神的にも楽です。
まぁ、今のパチンコ・パチスロで勝てる人は打ってればいいと思いますけどね。ぼくにはもう無理。 
スポンサードリンク