二度と行かないラーメン屋がまた一軒増えた。

今日は珍しく日付が変わる前にやらんといけない作業が終わったわけです。
なので、前々から書こうと思ってたことを。

ぼくがよく食べに行くラーメン屋って、お世辞にも衛生管理が行き届いているとは言えない店が多いんですよね。
まぁ、それは別にいいですよ。そういうもんって割り切って行ってるわけですから。
どっかの大統領が最近言ってるレッドライン(?)あれを超えなければ全然問題ないと思うんですよね。
でね、超えちゃった店があるわけなんですよ。
どう超えたかっていうと、どんぶりをちゃんと洗ってない。
食器用洗剤を使ってないんですよ。使えよ。と。
じゃあ、どうやって洗ってんだよって話しになるわけですが、まずはどんぶりをさっと水で洗い流しますわな。
そんで、食器洗い機にインするわけですよ。
アブラがギトギトのどんぶりを食器洗い機に入れて、乾燥までしたらどうなるか。
どんぶりの底にはアブラが固まったままになりますわな。
んで、そこにスープが入れられるわけですよ。ありえんでしょ。
さすがにこの店は二度と来ないって思いましたね。
逆に、結構長いこと通ってたけどなんで気づかなかったのか不思議なくらいです。 
そんなこんながあったので、年に1回の限定ラーメンの日にも行かんかったわけです。

普段だったら店を名指しで言ってるとこですが、なんとなく想像がつく人にはわかるかもしれません。
以前、名指しでバンバン叩いていた店は、ぼくのTwitterにつっかかってきて、面倒なことになりましたからね。
今はそんなことにエネルギーを使えないので、そういう店があったよっていうのをここに残しときます。 

海外の土産は土産話だけでいい

さっきのブログを書いた後に、自分のTwitterを見返してたんですよ。
そしたら海外のお土産のことをつぶやいてて、なんか腹が立ってきたからついでにもう1つ書いときます。

海外へ旅行に行った人ってお土産買ってくるじゃないですか。得体の知れないお菓子とか。
あれ、ホントにいらない。美味しかったことないし。
ある日を境に、そういうゴミを渡されたら別の人になすりつけてるんですよね。
そうすると、大体の人がすごく迷惑そうな顔をするんですよ。
「いや、お土産もってきた本人からは喜んでもらってたくせに、おれが渡したやつも素直に喜べよ」と。
そう思うんですよね。
なんで迷惑そうにするかって考えたら、元々もいらないからなんですよ。
じゃあ、なんでAmazonや楽天でも買える海外のマズそうな食べ物をお土産として買ってくるかってことなんですが、単純に「お土産を買わないと悪い」っていう心理になってるんですよ。

まぁ、ぼくから言わせれば「お金を払ってゴミを買う方が悪い。土産話だけで十分。むしろ、それもいらない」 

3月に良く聞いた曲。LiSAに救われた3月

自宅で作業する時は、音楽をランダム再生で流し続けているんですよね。
そこで気に入った曲があったら途中で、1曲リピートとかして聞いたり、再生リストを新しく作って聞いたりしてます。
個人的なメモ書きとして、3月に良く聞いた曲をいくつか並べていこうかと思います。

1位
LiSA『Rally Go Round』
ra
ニセコイ2期のオープニングですね。
発売した2年前は「ふーん。LiSAっぽーい」って思って聞いた程度。
3月中旬、某出版社に対して憤りを感じる出来事があって、真っ暗な部屋で頭を抱えながらジタバタしてた時に流れてきたのが『Rally Go Round』。
「諸君のカクゴに見合う良い知らせ待ってる」サビの部分で、泣いた。

2位
ジュリア(愛美)『プラリネ』
ニコ生でアイマスのライブが配信されていたことがきっかけで聞くようになった曲。
「後戻りできないくらい遠くまできiたんだ もう」2番Bメロで涙腺崩壊。

3位
KOTOKO『being』
いつだかの「灼眼のシャナ」のOPですね。シャナは見てないので、釘宮ってことくらいしか知りません。
『being』は、KOTOKOのアルバム『UZU-MAKI』に収録されています。
 ある日、明け方まで作業が終わらず、頭がフラフラしている時に流れてきて、もうちょっとがんばることができた曲。

4位
鈴木このみ『This game』 
「ノーゲーム・ノーライフ」のOPですね。
OP曲だけが良かったアニメっていう印象。
作業中に流れてきて、よく聞いたら良い曲やなと思って、別途再生リスト入り決定。

ホントはもっとあるんやろうけど、朝5時前にパッと思いつくのがこれくらいですね。
どれもテンションが間違いなく上がる良い曲だと思うので、気になったらつべで検索するべし。
 
スポンサードリンク